banner

定款と電子署名

合同会社設立の定款と電子署名について


合同会社設立をするときには定款を作成することが必要となります。株式会社を設立するときには認証の手続きを経ることが必要となりますが、合同会社設立の場合にはこの手続きは必要ありません。必要ありませんが、オンラインで申請をするときには電子署名を行う事が必要となるのです。

これらの手続きを行うためには、まずパソコンとインターネット環境が必要です。定款を作成するためのワープロソフトが必要となります。このワープロソフトはどのようなものでもよいです。次に、PDF書類を作成するためのソフトウェアが必要となります。ソフトウェアとしては、法務省はAdobe社のAcrobatのみを指定していますから、これを購入しなければなりません。安いバージョンであっても数万円します。体験版で作成することができる場合もあります。

次に電子証明書を準備することが必要です。公的な証明書をとるのがもっとも楽ですが、自治体ごとにICカードリーダなどを購入しなければならないことがあります。費用はそれぞれで異なりますが、1万円くらいかかることもあります。

そして、作成したPDFファイルに電子署名をするためのソフトウェアを購入することが必要となります。法務省のオンライン申請システムからダウンロードできますし、またメーカーが作成したものを使う事もできます。有料のソフトウェアを購入する場合には、やはり1万円から2万円くらいは必要となる事があります。

合同会社設立をするときには、電子的に申請をする事によって手続きが楽になりますし、登録免許税も安くなります。

しかし、実際に安くなるのは、合同会社設立の場合には4万円と少しくらいです。電子署名を初めとして必要な機器を購入して、そしてオンラインで全て行うことができるようにするためには、4万円は軽く超えてしまいます。ですから、自分で全て設備をそろえるのは得策ではありません。

そこで、行政書士などにこの手続きのみを依頼するのがおすすめです。というのも、電子的な手続きを行ってもらうだけで4万円と少しくらいは安くすることができ、その安くなった分から行政書士に報酬を支払えば良いのです。

実際、その報酬の金額はどれくらいなのかというと、これは事務所によって異なっていますが、合同会社設立の場合には1万円未満で請け負ってくれる事務所も多くありますから、これらのサービスを利用しても全体の費用を安くすることはできます。

Copyright(c) 2014合同会社設立の観点を変える。助成金と行政書士をうまく使う合同会社設立 All Rights Reserved.