banner

設立の意味

合同会社設立の意味はどのようなところにあるか。


合同会社は会社形態の一つです。
もし会社が破たん、倒産した場合、出資者の責任は出資金額内で有限です。
その点は株式会社と同じです。合同会社設立は一人から可能です。もともと少人数で運営していくことに意味がある会社として作られた形態です。
株式会社の場合は株主である出資者は実際に勤務している社員とは異なり、意思決定は株主総会の間で行われます。

しかし合同会社の場合は出資者が社員となるので、意思決定は早くすることができます。
利益の配分についても株式会社の場合は持っている株数に応じて変わってきますが、合同会社の場合は社員間で自由に決めることができます。たとえば出資金が少ない人でも実績を上げた人には多めに配分をするといったようなこともできるのです。

ただ出資者は皆社員で、社員全員の意思を尊重し、同意を得る必要があります。
合同会社設立にあたって定款を作成するのですが、株式会社のように定款を公証人役場に認証してもらう必要はなく、社員の間で自由に決めることができます。
合同会社設立をするときにあまり多くの出資者を募れば、その出資者がみな社員となり、新しい人材を入れるだけでも社員全員で話し合って決めることになるので、対立などのトラブルも出てきてしまうことになります。
意思決定で、社員同士でトラブルが起きてしまえば、その場で意思決定がストップしてしまうことになります。
すると会社の運営もうまくいかず、そのまま倒産ということになりかねません。
だから合同会社設立の際には、このような点も踏まえて出資者を増やしすぎないようにすることがトラブルを回避する点で望ましいことです。

合同会社は新しい会社形態なので、認知度は低いのですが、少人数で運営するには最適の会社形態で大きく対立をしなければ、社員全員がやりがいのあるという点でも合同会社設立の意味はあるのです。
また初めは少人数で小さく始めた会社も軌道に乗って着て社員全員の同意が得られれば、株式会社に変更することもできるのです。
株式会社になれば、代表社員といわれている地位も「代表取締役」と呼ばれるようになり、それぞれ役職ができます。また株式会社の方が信用度は高くなるので、取引の面に置いても新しい人材を募集するにしても有利になります。

しかし少人数でコツコツとアイデアを出し合って運営していくことで、頭角を現してくるということがあるかもしれません。
そのような合同会社を設立する人は今後どんどん増えてくることでしょう。

Copyright(c) 2014合同会社設立の観点を変える。助成金と行政書士をうまく使う合同会社設立 All Rights Reserved.