banner

出資金の金額

合同会社設立のときの出資金の金額の目安


合同会社設立をするときには、社員となる人が出資をします。この時の出資金の金額はどれくらいにすれば良いのでしょうか。少し前までは、有限会社は300万円、株式会社は1,000万円と最低の金額が定められていましたが、現在では最低の金額はありません。ですから、1円でも良いのです。

合同会社設立をするときにどれくらい出資すれば良いのかを考える前に、出資金を何に使うのかを考える事は必要です。基本的には合同会社設立のための初期費用と、当初のランニングコストです。
合同会社設立を行って、すぐに経営が軌道に乗って売上が発生することもありますが、これから事業を興そうと思っている人の場合には、そこまでうまくは行かないこともあるでしょう。会社として契約をして売上が発生したとしても、実際に資金を得られるのは数ヶ月後になる事もあります。このようなときの資金繰りのために出資金が必要となります。ですから、最初の数ヶ月くらいのランニングコストは必要だと考えておきましょう。

合同会社設立をしたときの出資金は、登記の時点で資本金として登記簿に記載されます。これが社会的な信用につながるのです。大企業なら、取引先を選ぶときには登記簿を見るでしょう。そして、何かおかしいことがあれば取引を行いません。資本金として記載された金額があまりにも小さければ、怪しい会社だと判断されることもあります。
もちろん、それだけで会社の価値が変わるわけではないのですが、やはり金額は大きければ大きい方が良いです。最低金額は示されていませんが、300万円くらいはあったほうが良いでしょう。

合同会社設立のために最低金額は定められていないのですが、許認可を受けるときには金額に関する制限があります。建設業や派遣業などの場合には、金額が小さすぎると許認可を得る事ができません。申請をしても許認可を得る事はまずできませんから、金額について把握しておくことは必要です。

なお、合同会社の出資金は、最初に決めたものだけではなければならないのではありません。後から出資をする事もできます。そのためにはいろいろな手間がかかりますし、法務局への手数料なども支払わなければなりませんから、時間的にも金銭的にもコストはかかります。。どうしても必要なときには新たに出資して変更をすることもできるのですが、できる事なら合同会社設立をする時点で必要な金額を準備しておくのが良いと考えられます。

Copyright(c) 2014合同会社設立の観点を変える。助成金と行政書士をうまく使う合同会社設立 All Rights Reserved.